量の変動|臭いの原因を吹き飛ばせ|おりもので悩む女性をお助け
婦人

臭いの原因を吹き飛ばせ|おりもので悩む女性をお助け

このエントリーをはてなブックマークに追加

量の変動

困るウーマン

おりものと一口に言っても、それは様々な液体が混ざり合って出来ています。どうしておりものが出るのかを説明していきましょう。膣内から菌が入り込むのを防いだり、受精のサポートをしたりなどが一般的です。もし膣内から菌が入り込んだとしても、おりものと一緒に体外へ排出されるという仕組みです。これは自浄作用といい、女性なら誰しもが生まれ持っています。また、性交渉の後に精子が膣内に入り込みやすいようにサポートしてくれるでしょう。妊娠しやすくなるので、希望している女性は排卵期に注目です。おりものは基本的に酸性ですが、場合によってはアルカリ性に変化する事もあるようです。これは精子が関係しており、より妊娠しやすいように手助けしてくれるでしょう。精子は酸性よりもアルカリ性を好むという特徴があります。

女性は、一般的に10代で生理が始まります。それと同時におりものも出てくるようになるでしょう。生理は量や臭い、色などに大きな変化はありません。もしあった場合は病気の可能性もあるので注意深くみていくべきです。一方で、おりものには変化が起こる場合があります。10代のうちは量も少なく、ほとんど臭いもないはずです。20代や30代に突入すると、人にもよりますが量にもバラつきが出てきます。女性は妊娠する事が出来るので、それによって量が増える事もあるでしょう。お腹に宿った胎児を守る為、おりものを多く出すようになるのです。結婚適齢期に差し掛かると増え、40代からは徐々に減っていくと考えられています。増えるとどうしても臭いが気になるので、膣洗浄器で膣内を清潔に保つ事を意識していきましょう。